こども用品

【小学校の水着】女の子の水着はどれがいい?デザイン・サイズ・名札について

プールで女の子がゴーグルをかけて潜っている

スポンサーリンク

こんにちは、あなごママです。

今日は小学校の役員の仕事でプール監視員をやってきました。

監視員を数日間やっていて気づいたのが、水着のサイズが合っていなくて脱げそうになる子や一人では着替えが上手くできない子が意外と多いこと。

私も娘が2人いるので水着のデザインやサイズ選びで悩んだことがありますが、子どもたちが水泳を楽しむためにはどんな水着を選ぶかが大切なんだな、と感じました。

そこで今日は実際に我が家が水着を選ぶ際に重視していたポイントを紹介します。

スクール水着のデザイン セパレート or ワンピース

私が小学生の頃は学校指定の水着あったため、みんな同じものを着用していました。少し前までは水着に限らず学習用品でも指定のものが多かったですよね。

今は「一部指定」の対応をしている学校が多く、各家庭で子供に合ったものを用意するようになってきました。この「一部指定」は水着だと、色は指定だけどそのほかは自由に選んで良いやデザインは指定など、です。

学校からプールが始まる前にお便りが来るので買う前に確認が必ず確認してくださいね!

我が家の娘が通っている小学校は色のみ指定で、デザインは自由です。なので本人の希望を聞きつつ上の子はセパレートタイプ、下の子はワンピースタイプを着ています。

学年が高くなるにつれ、セパレートタイプの着用率が高くなっているようでした。セパレートタイプ、ワンピースタイプについてそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

セパレートタイプ

セパレートタイプのメリット

〇トイレに行きやすい

セパレートだとトイレに行ったときに肩から脱ぐ必要なないので、着脱しやすいというメリットあります。

〇太もも部分の露出が少ない

高学年になると体形などの理由で水着になることに抵抗を感じる子供もいます。セパレートタイプは露出が少ないうえにウエスト回りもすっきりみえるので高学年の女の子に人気があります。

セパレートタイプのデメリット

✖低学年では脱ぎ着が難しい

セパレートタイプは脱ぎ着がしにくいです。特に上半身部分は汗で湿っているとさらに着づらくなるので、低学年の子たちは友達同士で引っ張ったりしてなんとか着ていました。

✖上下別なのでどちらかを忘れてくることがある

水着の忘れ物って意外と多いのですが、セパレートだと単純に持ち帰るものが増えるので、片方だけ忘れてくるということがあります。

ワンピースタイプ

ワンピースタイプのメリット

〇脱ぎ着がしやすい

足を通したら上に引っ張るだけなので、低学年の子どもでも着やすいです。脱ぐときも太もも部分がないので脱ぎやすいです。

〇価格が安い
セパレートタイプに比べると価格が安くなっています。子どもの水着は1シーズンで着られなくなることも多いので、安いのは助かりますね。

ワンピースタイプのデメリット

✖太もも部分の露出が多い

ワンピースでもスカートがついているタイプもありますが、めくれることも多くてセパレートタイプに比べると露出が多くなります。

✖トイレに行きにくい

メリットに着脱がしやすいことをあげましたが、トイレに限ってはセパレートの方が楽に行けます。濡れた水着を着る際、捻じれてうまく上げられないことがあります。

スクール水着のサイズ選び

水着のサイズは水中の圧力で体が縮むのでジャストサイズか少し小さめを選びましょう。

水に入る前にはちょうどよくても水に入ると肩紐部分が落ちてきたり胸元部分がぶかぶかな子供たちをみかけます。かと言ってあまり小さめを選ぶと着替え時が大変になる。このジャストサイズを選ぶのが意外と大変なんです。

我が家では着替え時のことも考え、胸周りジャストサイズを1番に選んでいます。肩部分をきつめに縫ってしまえば肩がずれ落ちることもありません。

水着の肩を縫って肩部分を短くしている写真

上の写真は肩部分を1回折って縫ってあります。これなら少し大きめでも肩がずれ落ちることはありません。ただ、縫えばいいから、と大きめのものを選ぶとズボンの太もも部分が緩くなってしまい、座ると見えてしまうことがあるので要注意です!

また、セパレートタイプと買う際に絶対確認したいのが、上下をつなげるアジャスターがついているかどうか。

水着についているアジャスターの写真

上着のめくれ防止のためについているんですが、ついていないものも多いので注意してくださいね!

低学年、中学年だと水泳中におなかが出ていても本人が気にしていなくて直さないこともありますがこれがあると安心です。

スクール水着を選ぶポイントは3つ

デザイン

水着は成長に合わせて買い替えると思うので、脱ぎ着に慣れていない低学年のうちはワンピース、中学年~高学年でセパレートへ変更するのがおすすめ。高学年ではほとんどの子がセパレートを選んでいる印象です。ワンピース型でもスカートがついているタイプであれば太もも部分が少し隠れるので安心ですよ。

サイズ

ジャストサイズかちょっと小さめを選びましょう!水に入ると水圧で体が少し縮みます!!

価格

学校での水泳の授業はそれほど多くありません。6月中は水温が上がらなかったり、雨だったりでやらないことも多いです。サイズはピッタリのものを選んでいるので来年はもう使えないということもあります。そのため、高い水着よりもシンプルで低価格のものをおすすめします。

 

スクール水着の名札付け

最後に名札付けです。

アイロンだけでつけている家庭、全面囲んで縫っている家庭、四隅だけ縫う家庭。。。

色々です。名前を書く白い布はスクール水着だとセットで売っていることも多いです。付属でついていない場合は伸縮性のあるタイプを買いましょう。

実はわたし、この名札付けで大失敗したことがあります。

アイロンで穴をあけました。。。

生地に伸縮性があるため中途半端につけるとすぐに剥がれるので、しっかりつけようとしたら水着が溶けました。。。

1周縫うのもめんどうなので軽くアイロンでつけた後四隅を縫うと剥がれません。

名札を取れないようにつけるポイントは布の四隅を丸く切ることです。これだけでも角から剥がれてくることを防ぐことができますよ。

さいごに

スクール水着選びだけでも親は色々悩みますよね。

お子さんにサイズ、デザインがぴったりなものを選ぶことで、動きを妨げず水泳の授業に集中できる環境を整えてあげることができます。

スクール水着を買う際の参考になるとうれしいです。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!