健康

【気になる不整脈】アプリで脈拍測定!不整脈の視覚化ができます

聴診器の写真にアプリで脈拍測定!不整脈を視覚化の文字

スポンサーリンク

こんにちは。

あなごママです。

先日仕事中に動機を感じました。

しばらく自分で脈をとってみると脈が飛んでる感じがします。

期外収縮だろうと思いましたが今までになく頻発しています。

私の場合は脈が飛んでいるのに加え、喉の奥が詰まるような違和感・・・

医療機関を受診した際に心拍測定のアプリについて教えてもらい早速試してみました!

通常の脈拍の図り方

手首で測る方法と首で測定する方法があります。下記は手首での測定方です。

①手首の関節の少し下、親指側に脈拍を探します。

②人差し指、中指、薬指の3本で脈を感じるまで徐々に強めていき押さえます。このとき指を3本指を揃えるのがコツです。

親指は親指の脈拍までカウントしてしまうため押さえるのには使いません。

③脈が触れたら1分間の脈拍を測定します。1分間数えるのは大変なので、15秒測定し、4倍にすると1分間の脈拍数となります。

不整脈とは

不整脈とは、心臓の脈拍が正常とは異なるタイミングで起きるようになった状態のことです。不整脈には、脈が速くなる「頻脈」、脈が遅くなる「徐脈」、予定されていないタイミングで脈が生じる「期外収縮」があります。不整脈の緊急度や治療方法は千差万別です。健康な人にも生じる不整脈では健康被害はなく、放置しても問題ありません。一方、命にかかわる不整脈も存在し、この場合は積極的な治療介入が必要とされることがあります。

病気や症状等の医療情報をわかりやすく 医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト | メディカルノート  

この期外収縮ですが、自覚症状がある方もいますが自覚症状は全くなく検診等でたまたま見つかり言われることも多い症状です。

検査、診断

病院で心電図を測定することが一般的です。

ただ、この不整脈が心電図を測定している短い間に出るとは限らず、通常の心電図ではとらえることができす診断がつかないこともあります。その際にはホルター心電図(小さな心電計をつけて24時間測定する)、運動負荷心電図(自転車をこいでいる状態や2段の階段昇降など)などを行っていくことになります。

私の場合も診察時には不整脈は出ていなく、年齢、頻度等を考慮しこの症状が続くようならホルター心電図をつけましょう、という話になりました。

今回の診察時に医師に聞かれたことは、不整脈の頻度(1分間にどれくらいでていたか)、脈拍がとぶのは何拍くらいとぶような感覚があるかを聞かれました。

そこまでちゃんと測っていたわけではなく、うーん1分間に3回、4回とかかなー、もっと多かったかなーと曖昧な言い方になってしまいました。

この不整脈に話を職場の医師にしたところ、自分で脈拍をみるのは慣れないと難しいけどアプリを使うと簡単だよと教えてもらいました。

私が試したアプリ

ハートリズム
ハートリズム
開発元:SoftRobo
無料
posted withアプリーチ
HearTily
HearTily
開発元:東京大学医学部附属病院企画情報運営部
無料
posted withアプリーチ
私は携帯はiphoneを使用しています。不整脈で検索するとこの2つが出てきました。
(アプリを紹介できる無料サイトに感激(笑)かっこよく貼り付けられました。少しずつブログも勉強中です。)
この2つとも携帯のカメラ部分に指を当て脈拍を検出しています。
ハートリズムは脈拍を測定すると、自分の脈、正常な脈、実際の患者さんの不整脈が表示されそれを見比べることができます。
HearTilyは脈拍を測定するとその脈拍の”ゆらぎ”を測定してくれます。
脈のゆらぎは10%未満が理想だそうです。

まとめ

今回自身の不整脈から病院受診をし、アプリを使用した感想です。

指で検知する脈拍は指が少しでも動いてしまうとうまく測定できません。しばらく練習するとコツを掴めましたが、呼吸の体動等もひろってしまうので机の上など手を固定できる状態での測定をおススメします。

頻脈、徐脈、脈拍のリズムを確認できるので、不整脈が気になる方は無料なので使ってみるのもいいかもしれません。私も自覚症状がないこともあるので1日1回くらいは測定してみようと思います。

ただ、このアプリは医療機器ではありません。あくまでも受診を促すものであり、ノイズも入りやすいのでこれだけで何かを判断できるものではありません。自分の不整脈を目視で確認できる補助ツールの位置づけだと思います。

気になる症状がある場合は医療機関を受診して相談しましょう。

私もアラフォーになり体調面でも 色々と不調がでることが増えています。

自分の体の声をよく聞いて不調ともうまく付き合っていきたいと思っています。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!