お役立ち情報

電気料金比較サイト、どこでシュミレーションする?時間がない方はおまかせがいいよ!

電球がついている絵

スポンサーリンク

8月の電気料金17,259円!!! 高っっ!!

我が家は犬が2匹いるので夏場は高めなんですが、8月は帰省ていて10日間ほど不在だったのにこの値段。。。ちょっとびっくり。

犬に限らずペットを飼っていれば夏場のエアコン代は必要経費ですよね。もう25℃設定、24時間つけっぱなしです。

いつか見直そうと思いつつ放置してきましたが、やっと重い腰をあげることにしました。

スポンサーリンク

 

電気料金比較サイトの比較

実際に検討を始めると、比較サイトはたくさんありどこの情報を信じればいいかわかりません。どのサイトでシュミレーションをしたらいいのか比較サイトを比較してみました。

エネチェンジ

居住地域、世帯人数と生活パターン、現在の電気プランと実際の使用量(使用料金でも可)を入力します。

電気使用量は、実際の1か月分を入力すると月ごとの使用量が入力できるようになります。予想の数値がすでに入力されているので、過去12か月分の使用量が分かれば実際の値を入力しなおします。

電気代金でも計算できますが、使用量で計算した方が実際に近いシュミレーションになりました。

入力は簡単ですが、12か月分入力するのが少し面倒でした。

出てきたプランは46件。

エネチェンジ限定特権としてギフト券があります。

電気代見直しNo.1サイト「エネチェンジ」 / 電気とガスのかんたん比較

価格.com

入力項目はエネチェンジとほぼ同じです。こちらのサイトも1か月分と過去12か月分の使用量どちらからでも計算できます。

もちろん電気料金からも可能です。

価格.com限定特典はプランによってキャッシュバック、電気代割引があります。

出てきたプランは76件。

価格.com – 料金プランシミュレーション|電気料金比較

でんきの比較インズウェブ

1番入力が面倒でした。現在使用している電力会社の検針票をみながら地点番号、お客様番号まで入力が必要です。

加えてメールアドレス、電話番号の入力も必要ですので、情報入力に抵抗がある方は向いていません。実際すぐにメールが来ていました。

一括見積をし、おススメ5位までのプランがメールできていました。

こちらもインズウェブ限定特権があり、キャッシュバック、amazonギフト券がもらえるようです。

電気料金一括比較|電気代を賢く節約-でんきの比較インズウェブ

タイナビスイッチ

入力は1か月分のみで一番簡単にシュミレーションができて、まようことなくポチポチできます。

限定特権はとくに無いようです。

日本最大級! 電気・ガス料金の比較切替サイトはタイナビスイッチ

私のおススメの比較サイト

1位タイナビスイッチ

2位エネチェンジ

3位価格.com

4位電気の比較インズウェブ

電気料金比較サイトでは現在のプランとの比較ができます。

実際のあなご家の過去1年の電気料金は122,623円ですが、この実際の料金とサイトが出してきた現在のプランとが近い方がより正確なシュミレーションができていると思います。

1位のタイナビスイッチは入力が簡単だった割にサイトでの診断は124,266円

かなり近いんじゃないでしょうか。

2位のエネチェンジはほぼタイナビと同じ評価で使いやすいサイトでした。サイトでの診断は128,249円。ちょっと離れてきました。入力は12か月分をかなり正確に入力しているんですけどね。

3位の価格.comはプラン数がとても多く、特権も多いイメージでした。ただ、サイトの診断は131,310円と1万近くの開きが出てきました。

4位の電気の比較インズウェブ、入力が他より多いこととある程度個人情報の入力があるので私的には面倒でした。診断結果もすこしわかりにくい感じでした。

順位を書いて説明をしましたが、実際時間がある方はいくつかのサイトをみるのが1番です。そんな時間ないよーって方はタイナビ、エネチェンジお勧めします。

全然比較してる暇がない方は

本当に時間がない方はエネチェンジにあるおまかせプランの利用もいいな、と思いました。

「おまかせ“でんき”切り替え」をご利用いただくと、電気料金プランを知り尽くしたプロが、電力会社・プランを厳選してご案内します。節約保証付きなので、損をする心配もありません(節約保証について)
「おまかせ“でんき”切り替え」の利用登録は無料。ためしに登録してみませんか?おまかせ“でんき”切り替え|エネチェンジ

プロに電気の切り替えをお願いし、万が一現在より高くなってしまったらエネチェンジが保証してくれるそうです。しかも無料。

え、もうこれでよくない。

最後にこれをみつけて私の2時間返してー!!と本気で思いました。

比較サイトを利用して気づいたこと

シュミレーション結果の違い

シュミレーションの結果はサイトによって異なってきます。現在のプランのシュミレーション結果が正しく出るサイトをお勧めします。シュミレーションが正しくできないと割引も変わってくるので、割引額だけをみてサイトを選ばないほうがいいです。

電気料金の割引だけでは決められない?

携帯電話会社やガソリンスタンド系の新電力会社も多数あります。携帯会社では携帯とのセット割があったり、ガソリンスタンド系の会社ではその会社のカードで支払うとガソリン代の値引きがあります。

まとめ

電気料金の比較サイトを利用し、いくつか候補が決まったら自分のライフスタイルと照らし合わせて携帯会社系かガソリンスタンド系かなどの付加価値も検討するといいと思います。

解約金の有無、契約期間の縛りも確認しましょう。

さっそく私も申し込むことにしました。

どこにするか決まってしまえばあとは簡単です。電気料金を安くするには節電もとっても大切ですが、電力会社を見直すことが一番節約効果があります!

がんばって見直しましょー!!

スポンサーリンク