お役立ち情報

【柴犬の抜け毛対策】レーキングで抜け毛が格段に減ります

犬の写真に愛犬の抜け毛対策!レーキングトファーミネーターで掃除を楽に!の文字

スポンサーリンク

我が家には柴犬のあなごとチワワのうなぎがいます。

愛犬はとても大切な家族ですが、室内で飼っていると抜け毛が大変ですよね。

特に換毛期の柴犬

あなごさんはもう抜ける抜ける。。。。いったいどこにあったんだ、ってくらい抜ける。

そんな我が家の救世主がレーキングという被毛ケアなんです。

抜け毛でお困りの飼い主さんにはぜひ試してほしい被毛ケアなので、ご紹介させてください。

レーキングとは?

犬の被毛タイプはシングルコートとダブルコートの2タイプに分けられます。

ダブルコートはオーバーコートと呼ばれる固くて太い上毛とアンダーコートと呼ばれるふわふわしたやわらかい下毛からなる2重構造からなっています。

シングルコートはアンダーコートがほとんどなく、オーバーコートをかき分けるとすぐに皮膚がみえます。

ダブルコートの犬種は春と秋に換毛期があり、ふわふわとしたアンダーコートが大量に抜けてきます。

レーキングとは通常のブラッシングでは取り除けないこのふわふわのアンダーコートをトリミングナイフを使って取り除く方法です。

レーキングのメリット

抜け毛の量を格段に減らせる

換毛期はアンダーコートがごっそりと抜けてきて、室内飼いの場合いくら掃除をしてもおいつかないほどになります。アンダーコートの被毛はやわらかくふわふわしているので犬が動くたびにそこらじゅうに舞い散って絨毯、カーテン、服にたくさんついてしまいます。

その毛ですらかわいいですけど、あなごさんは自分の抜け毛でくしゃみをしてます。。。。

あなごさんは抜け毛の多いことで知られる柴犬ですので、春の朝になるとあなごさんの抜け殻がいたるところにできています。本当に1回の換毛期で柴犬のぬいぐるみができそうです。

レーキングでアンダーコートを処理すると、この抜け毛を大幅に減らすことができます。換毛期は次々と抜けてくるので抜け毛がゼロになるわけではありませんが、掃除が格段に楽になります!!

夏の暑さ対策

アンダーコートの働きは保温、保湿ですので、暑い夏に取り除かずにいると体温調整が上手くできません。余分なアンダーコートを取り除いてあげることで風通しがよくなり、熱もこもらなくなります。

サマーカットとは違いオーバーコートを切ることもありませんので、自然な感じでスッキリできます。

皮膚コンディション向上

春の換毛期~夏は皮膚トラブルの多い季節です。

あなごさんはアレルギーがあるのですが、夏場は症状が出やすく症状が強い時には体中を掻いてしまいます。そのため皮膚の状態をいつも確認し、清潔に保てるようにしています。

アンダーコートが抜けずにたまっていると皮膚が蒸れた状態になり、雑菌が繁殖しやすくなります。

レーキングは抜けてきている毛を取り除くので皮膚への負担も少なくてすみ、毛の生え変わりを促すので皮膚コンディションが良くなっています。

あなごさんは定期的に獣医さんに診てもらいながらレーキングをしています。皮膚状態が安定しない子は一度かかりつけの先生に相談してから試してみるといいと思います。

柴犬がレーキングを受けてスッキリしている

はじめてレーキングを受けたときです(笑)

ビックリ!!

自宅での被毛管理はファーミネーターがおすすめ

換毛期にはサロンでレーキングをしても1週間ほどするとまたアンダーコートが浮いてきます。

そこであなご家で使用しているのが「ファーミネーター」です。トリミングナイフと同じような構造ですが、こちらは家庭で簡単にアンダーコートの処理ができます。

使い勝手もよく、うちのあなごさん、うなぎさんは嫌がらずに大人しくしていてくれますよ。

ファーミネーターの注意点としては、刃が尖っているので無理な力を入れずに、同じところを何回もかけないようにすることが大切です。一気に取ろうと思わずにこまめにかけていきます。被毛の薄いお腹周りは避けるようにしてください。

ファーミネーターは長毛用、短毛用、サイズも色々ありますので、愛犬にあったものを選んでくださいね。

また、模倣品も多い商品なので注意しましょう。

小型犬、長毛用のファーミネーター

↑これは長毛用のサイズSです(うなぎさん用)。

やっと夏が過ぎた〜と思っていると、すぐに秋の換毛期がやってきます。あなご家は愛犬と家族のストレスを減らすためにもレーキングが欠かせません。

抜け毛の多いわんちゃんが家族の方は試してみる価値ありますよ。

スポンサーリンク