愛犬のこと

【犬のマラセチア性外耳炎】愛犬が耳をかゆがる!治療と費用について

犬が外耳炎を先生に診てもらっている

スポンサーリンク

こんにちは、あなごママです。

我が家のあなごさん(柴犬)が昨日から耳をよく掻いているのでなかをのぞいてみると、赤く炎症を起こしている感じが。。。黒い耳垢もついているので急きょ病院へ連れていくとマラセチア性外耳炎と診断されました。

今日はこのマラセチア性外耳炎の症状・治療・費用についてご紹介します。

f:id:anagonoouchi:20180905125915j:plain

マラセチア性外耳炎

マラセチアとは

マラセチアは酵母様真菌(カビ)で、犬の皮膚に存在する常在菌です。常在菌とは常に皮膚上に存在している菌で、健康な皮膚では悪さをしない菌のことです。この常在菌のマラセチアが何らかの理由で異常に増えると炎症をおこします。

免疫力が落ちたり、皮膚の状態変化によって皮脂の分泌が多くなると皮脂分を好むマラセチアが増殖すると言われています。そのため皮脂のたまりやすい脇、おなか、指の間、耳、口回り、お尻で症状が出やすくなっています。

外耳炎の症状

  • 耳を痒がる
  • 耳が赤い
  • 頭を振る
  • 耳がにおう
  • 耳だれ、茶色~黒っぽい耳垢
  • 耳が腫れる

あなごさんも耳を痒がり、耳が赤く、黒っぽい耳垢がついていたことで気づきました。

マラセチア性外耳炎の治療

  1. 顕微鏡で菌体や耳垢の状態を確認
  2. 耳の洗浄
  3. 点耳薬の処方

最初に耳垢を少し採取して、顕微鏡でみてくれました。

ここでマラセチア性外耳炎と診断され、続いて耳の洗浄をしました。外で待っていたのでどんな洗浄したのか分かりませんが、戻ってくると黒い耳垢がとれすっきりきれいになっていました。

今回処方されたのはウェルメイト。症状が強い場合には飲み薬も処方されることがあるそうです。

f:id:anagonoouchi:20180905121733j:plain

使い方:1日1回、2~3滴を耳にたらし、揉みこむ。

成分:オフロキサシン、ケトコナゾール、トリアムシノロンアセトアニド。

抗菌剤、抗真菌剤、ステロイドです。

有効菌種:本剤に感受性の次の菌種
スタフィロコッカス属、コリネバクテリウム属、ストレプトコッカス属、シュードモナス属、プロテウス・ミラビリス、マラセチア・パチデルマチス、皮膚糸状菌

適応症 : 犬;細菌性および真菌性外耳炎

動物用ウェルメイト詳細情報

1週間後に再診となりました。

今回かかった治療費

  • 再診料:500円
  • 耳垢検査:1,500円
  • 耳処置:1,000円
  • 点耳薬:2,000円

消費税入れて5,400円のお支払い。動物病院って10,000円いかないと安く感じてしまうから不思議です。あなごさん50%負担の保険に入っているので、後日まとめて請求します。

まとめ

費用は検査、処置を考えると妥当かな、と思います。

お薬は少し高いですが、抗菌剤、抗真菌剤、ストロイドの3成分が入っているので仕方ないですね。

あなごさんの様子は、耳の掃除をしてもらったからか耳を掻く様子が激減しました。

まだ治ったわけではないので、長引かないようにしっかりと薬を塗布したいと思います!!

今後の治療についても報告しますね。

犬が診察台の上に寝そべって先生が診察している写真
【マラセチア性外耳炎】嫌がる犬に点耳薬を入れる方法!!とあなごさんの治療経過こんにちは、あなごママです。 先日あなごさん、外耳炎の経過観察のため病院へ行ってきました。前回から点耳薬を継続しているのでだいぶか...

スポンサーリンク