こども用品

子どものに持たせる防犯ブザーで必ず確認したいポイント!

スポンサーリンク

先週、娘が帰宅する際知らない大人の人に話しかけられたと言っていました。集団下校なので1人ではありませんでしたが、近い地域でも何件か同じような報告があったようで次の日には防犯ベルを携帯・動作確認をするよう先生より注意喚起がありました。

今日は子どもに持たせる防犯ベルを買う際に確認しているポイントをご紹介します。

防犯ベルを選ぶ基準

全国防犯協会連合会の推奨「優良防犯ブザー」とは

防犯ベルは種類がたくさんあってキーホルダーのように小さくかわいいものもたくさん売っていますよね。ついつい子どもが欲しがるものを買ってあげたくなりますが、性能や操作性によっては実際にあまり効果がないものも売っています。

警視庁からも下記のような案内が出ています。

警察庁では、文部科学省及び経済産業省とともに、(社)全国防犯協会連合会、(社)日本PTA全国協議会及び(財)電池工業会の協力を得て策定した性能基準(注)に適合する防犯ブザーの普及促進に努めています

(注)  防犯ブザーの性能基準の主な内容(平成18年11月30日策定)

    ○  音色:高い周波数と低い周波数を繰り返す変動周期を持つこと。
    ○  音量:85dB以上とすること。
    ○  連続吹鳴時間:連続して吹鳴させた場合に、表示音量の90%以上の音量が20分間以上保てること。
    ○  操作性:引き紐あるいは押しボタン等の操作は児童が容易に操作できること。

これを受けて「公益財団法人全国防犯協会連合会」が基準にあった防犯ブザーを「優良防犯ブザー」として推奨しています。

公益財団法人 全国防犯協会連合会

音の大きさ

85dB以上のものが推奨されていますが、近くに人がいない場合を考えなるべく大きな音が出るものを選んだほうがよいそうです。また、大きな音が出ることで不審者への威嚇にもなりますよね。

  • 80dB:電車の車内・ピアノの音
  • 90dB:犬の鳴き声、工事
  • 100dB:車のクラクション
  • 120dB:飛行機のエンジン近く

120dBだと相当うるさいです。実際に鳴らすと自分もびっくりする音量で耳が痛くなるほどです。検索する際は防犯ベル・120dBと音の大きさまで指定して検索するとたくさん出てきますよ。

音の持続時間と電池のタイプ

警視庁が勧める性能基準では、連続して吹鳴させた場合に、表示音量の90%以上の音量が20分以上保てること、とあります。連続吹鳴時間は載っていない商品も多いですが、「優良防犯ブザー」ですとちゃんと2時間以上などの記載が確認できます。この連続吹鳴時間は電池が新品の状態での時間ですので、電池が消耗していると20分と表示の商品はかなり鳴る時間が短くなると思います。

そして音の持続時間と関係してくるのが電池のタイプ。防犯ブザーにはボタン電池と単4電池を使うタイプがあります。

ボタン電池小型で軽量のため、防犯ブザー自体が小さくキャラクタータイプの防犯ベルによく使われています。かわいい商品が多いので、我が家でも子どもが欲しがるのはだいたいボタン電池式の防犯ブザーです。ボタン電池ですので、値段が高価・音の持続時間が短いといったデメリットもあります。

単4電池防犯ブザー自体が大きく重量もあります。ランドセルのベルトに直接まいて固定して使用することが多いです。こちらはなにより音の持続時間が長い商品が多いことが特徴で、単4電池だと交換も簡単です。

子どもはいたずらや誤ってストラップを引いてしまったりと思っているより電池の減りが早いので、どちらのタイプでも定期的に電池の交換をした方がもしものときにしっかり使うことができます。

操作性

防犯ブザーの音の出し方にはストラップについたピンを引き抜くもの、ボタンを押すもの、スライド式のものなどがあります。お子さんが使用する場合はピンタイプのものが緊急時は引き抜くだけなので一番操作しやすいと思います。

このストラップのピンを抜くタイプにはピンが完全に本体から抜けるもの、紛失防止のために抜けずにつながったままの2タイプあります。

ピンが完全に抜けてしまう方が緊急時不審者にベルを止められないと思いますが、小さい子供ですとピンをなくしてしまうことが結構あるんですよね。。。その際には電池を外すすしかありませんが、防犯ブザーの電池はドライバーばないと開けられないものも多い。。。そういったことから我が家はピンが完全には外れないものを使用しています。

防水機能

ランドセルに直接つけることが多いと思います。防水機能がないとわりとすぐ壊れてしまいます。小雨だと傘をささなかったり、逆に豪雨で傘をさしていてもびしょぬれになったり。。。また、どんな時に緊急使用するかわかりませんので、雨の中では使えなかったということがないよう防水機能があるものを選ぶと安心です。

見た目

機能もしっかりしていて見た目もかわいいものもたくさんあります。お子さんが気に入ったものを選ぶのもいいかと思いますが、我が家は見た目、防犯ブザー!!と一発で分かるものを選んでいます。見た目で防犯ブザーつけていることが分かれば少しは不審者への抑止になるかな、と考えています。

我が家で使用中の防犯ブザー

うちでは今プチアラーム3を使っています。最近買いなおしたばかりです。はっきり言ってかわいくはないですよ、無機質(笑)でも私がほしい機能がそろっていたのでこれにしました。

まとめ

防犯ブザーを選ぶ際には音の大きさ・音の持続時間・操作性・防水の4点を考慮して選ぶと失敗がないですよ。選ぶのが大変というときには全国防犯協会の推奨品の中から探すといいと思います。

防犯ブザーを購入したらぜひ月1回は動作チェックをしてあげてくださいね。(私もさぼり気味なので気を付けます。。。)音が小さくなったり鳴らないときはすぐに電池交換をしてもしもの時に備えましょう。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!