イベント

【小学生のバレンタイン】手作りor市販品!?親が気をつけることとおススメなチョコレシピ

スポンサーリンク

こんにちは☆

1月も終わりに近づいてくるともうバレンタインの季節ですね(*´▽`*)

お店にも色々な可愛いチョコが並んで、娘たちも今年はどうしようかなーとソワソワ。つい最近まで「パパにあげるのー♡」と言っていたのに、いつの間にか気になる男の子や仲のいいお友達への友チョコを考えるのに真剣です。

私も小学生の頃、学校が終わってから仲の良かった男の子にチョコを渡しに行っていたことを思い出してほんわかした気持ちになっています。

今日は小学生のチョコ事情とおすすめのチョコレシピを紹介します♡

 

バレンタインチョコは手作り?市販品??

チョコを用意するにあたってまず考えるのが手作りにするか、市販品にするか。

あなご家では手作りと市販品の両方を用意しています。

手作りのお菓子をあげたい!!という子どもの気持ちも分かりますが、まったく相手の親御さんと面識がない場合は市販品にするようにしています。

もらう側の気持ちを考えると衛生状態が気になったり、万が一アレルギーがある場合には市販品の方ば内容物が分かりやすくていいかな、と思っているからです。

個人情報保護の関係で連絡網はありませんし、特に異性のお子さんですと普段一緒に遊んでいるわけでもないので全く分からないんですよね。

仲良しの女の子同士はお互いに手作りを交換し合ったりしています。

昨年の友チョコはカップケーキを作り、男の子たち(3人分用意)には市販品にしました。

いつ・どこで渡すの??

これは各小学校によりますが、基本学校への持ち込みは禁止だと思います。

娘の場合、同じマンションの男の子は自宅に直接届けに行き、自宅の遠い男の子と友達にはいつも遊んでいる公園で待ち合わせをして渡していました。

習い事をしているお子さんも多いので、ちゃんと相手の予定を聞いて渡す約束をするよう言っています。

周りのお母さん方に聞くとやはり公園などで待ち合わせして渡すことが多いようですよ。

もう少し大きくなればどう渡すかは自分で考えられると思いますが、小学4生年くらいではある程度親がアドバイスをしないと会えなかった、という状況が起こるんですよね。

f:id:anagonoouchi:20190125182538j:plain

バレンタインチョコで親が気を付けていること

◆市販品の場合、高級なものではなくリーズナブルなチョコを選ぶ

高めの本命チョコは小学生のうちは不要だと思っています。もらった男の子ママが困ることがないよう、気軽に渡せる500円以下にしています。

◆手作りの場合は簡単に作れて扱いやすいもの

作る工程が簡単で持ち運びしても崩れないものをつくっています。また、衛生面には十分に気を付け、火をしっかり通すようなものにしています。

◆手作りを渡すお友達は親同士連絡が取り合える子

仕事がらアレルギーや衛生面がとても気になってしまう私。受け取った子ども自身が判断できる年齢まで手作りのお菓子を渡せるのは知っている子限定とのルールを作っています。

バレンタインにおすすめな友チョコレレシピ

cookpad.com

簡単で美味しいです。

バレンタインはチョコ多めで♡

休日の朝食にもおすすめですよ。

 

cookpad.com

バレンタインの場合はクルミなしで作っています。

ナッツやクルミが苦手な子って意外と多いんですよね。

 

cookpad.com

ホットケーキミックス万歳\(^o^)/

こちらもかなり簡単にできます。 

 

cookpad.com

すべて袋の中ですんでしまうので片づけもラクチン♡

素手で触る工程も少ないので衛生面も安心ですよ。

まとめ

友チョコを経験していない世代の私としてはちょっと面倒に感じてしまう今時のバレンタイン。手作りか市販品かはあまり付き合いのないご家庭であれば市販品がベストです。もちろん仲の良いお友達は手作りで問題ありませんよ。

親同士のつながりも希薄になっているので悩むことも多いですが、小学生までは親の介入がある程度必要ですのでお友達の状況もリサーチしつつお子さんのバレンタインを全力で応援しましょう(*´▽`*)

 

スポンサーリンク