ペット

【愛犬のアレルギー対応フード】ロイヤルカナンのアミノペプチドフォーミュラと低分子プロテインについて

スポンサーリンク

f:id:anagonoouchi:20180927215927j:plain

こんにちは、あなごママです。

 

あなごさんはアレルギーがあり、血液検査をしてもアレルゲンが特定できていません。食事療法中でコントロールをしているのですが、今回ご飯を変えてみることになりました。

ロイヤルカナンのアミノペプチドフォーミュラからロイヤルカナンの低分子プロテインへ変更しました。(獣医師の指導のもと変更しています)

今日はこの2つのフードについて書いていきます。

良かった点、悪かった点はあなごさんが食べて感じた私個人の感想です。

 

 

www.anagofamily.com

 

 

ロイヤルカナン アミドペプチドフォーミュラ

原材料

コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、ココナッツオイル、大豆油、植物性繊維、チコリー、フラクトオリゴ糖、魚油、動物性油脂、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン、DL-メチオニン、ヒスチジン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 特徴

オリゴペプチド

オリゴペプチド

食物アレルギーの原因とならないアミノ酸およびオリゴペプチドを使用。

食物アレルゲン排除

食物アレルゲン排除

食物アレルゲンを排除するための原材料および製造工程。

皮膚の健康維持

皮膚の健康維持

健康な皮膚を維持するために栄養カクテル(パントテン酸、イノシトール、ナイアシン、コリン、ヒスチジン)を配合。

抗活性酸素物質カクテル

抗活性酸素物質カクテル

皮膚の健康を維持するために抗活性酸素物質カクテル(ビタミンC、E、ルテイン、タウリン)を配合。

ロイヤルカナンの食事療法食に分類され、獣医師の指導のもと与えるフードです。そう、このフードの最大の特徴はたんぱく質がアミノ酸レベルまで細かく分解されていることです。アレルギーの食事だとアレルギーの原因となるたんぱく質を除いた除去食(蛋白質に鳥を含まない、牛を含まないなど)がありますが、こちらは除去というよりそのたんぱく質をとーっても小さくしてアレルゲンにならないようにしたフードです。たんぱく質が入ってないので理論上はアレルギーが起きないそう。

ロイヤルカナン犬用 アミノペプチド フォーミュラ 3kg

良かった点

皮膚症状が改善された。目のまわり、四肢の脱毛改善

・あなごさん(柴犬)にちょうどいい粒の大きさ(小さいとむせるので。でもチワワには大きすぎてうなぎさんは食べられません)

・食いつきがよかった

悪かった点

・価格が高い。定価だと3kg 8,151円、格安なところで6,000円くらい..

・うんちがボロボロ。落ちたときに細かくなるほどボロボロなので拾うのが大変

 

ロイヤルカナン 低分子プロテイン

原材料

米、加水分解大豆タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、大豆油、フラクトオリゴ糖、魚油、ルリチシャオイル、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、L-チロシン)、ミネラル類(Ca、K、P、Cl、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B1、B2、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

特徴 

加水分解タンパク

加水分解タンパク

高消化性で食物有害反応の原因となりにくい低分子ペプチド源として、加水分解大豆タンパクを使用。

皮膚のバリア機能

皮膚のバリア機能

亜鉛-リノール酸複合体とともにビオチン、ニコチン酸を配合し、健康を維持することで皮膚が本来持つバリア機能を維持。

EPA / DHA

EPA / DHA

ω3系不飽和脂肪酸(EPA、DHA)を配合(3.4g/kg)。

腸内細菌バランス

腸内細菌バランス

健康的な腸内細菌バランスのために、可溶性食物繊維(フラクトオリゴ糖)を配合。

このフードも食事療法食です。たんぱく質は分子量が大きいく、抗原として認識されやすいのですが、このフードは加水分解してたんぱく質を小さくしています。高消化性の加水分解大豆ペプチドを使用しています。

 

f:id:anagonoouchi:20180927215518j:plain 

ロイヤルカナン 犬用 低分子プロテイン ドライ3kg

良かった点

・フードを変更してから1週間なのでまだまだ分かりませんが食いついはかわらずいい

・粒の大きさはアミノペプチドフォーミュラとあまり変わらない。食べやすそう

うんちの形状が良くなった

悪かった点

・今のところなし

 

食事を変更した理由

アミノペプチドフォーミュラに変えてから皮膚の症状は落ち着いています。7か月使用し、1つ前の段階の低分子プロテインに変更しても大丈夫かも、という判断です。アミノペプチドフォーミュラで症状が出ないのであればこれを使い続けるのもいいかもしれませんが、うんちが固すぎて(固いというかぼそぼそで出にくい)本人もかなり頑張っている様子が気になったので変更してみることになりました。

このうんちが固くなる症状ですが、アミノペプチドフォーミュラの消化性は非常に高く残渣(食物の残り)が少ないためとのことです。フードをふやかすといいとのことです。あなごさんはふやかすと好みではないらしく食べが悪くなるため、しばらくフードを変更して様子をみることになりました。

 

まとめ

ロイヤルカナンのフードは穀物を多く使っていたり、BHAという防腐剤が入っているので賛否両論あるフードです。あなごさんの場合他のアレルギー食は合わなかったことからBHAなどのことも理解したうえで与えています。

アレルギー対応食もたくさんあります。その中から愛犬にあったものを選ぶのは大変ですが、どのフードもあたえるかどうかは飼い主さんの判断になるので獣医さんとよく相談して決めてあげてください。

 

低分子プロテインは変更してからまだあまりたっていないので評価はまた追加したいと思います。アレルギーに悩むワンちゃんの参考になればうれしいです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク