あなごのおうち

アラフォー兼業主婦の子育て、趣味、暮らしの記録

【スクール水着】小学生女児の水着の選び方!監視員をやって気づいたことを書くよ!

スポンサーリンク

f:id:anagonoouchi:20181014221715j:plain

こんにちは☆あなごママです。

今日は小学校でプールの監視員をやってきました。

アラフォーにこの日差しはキツイわ。。。。日焼け止めは塗っていましたがすでに顔が痛いです。

 

監視員をやっていて気づいたのが、水着のサイズが合っていなくて脱げそうになる子、一人では着替えが上手くできない子がいたりと子供たちも色々と大変そうなこと!!

そこで今日は水着選びについてまとめてみました。

 

水着のデザインはセパレート?ワンピース?

私が小学生の頃は学校指定の水着あったため、みんな同じものを着用していました。少し前までは水着に限らず学習用品でも指定のものが多かったと思います。

今は「一部指定」の対応をしている学校が多く、各家庭で子供に合ったものを用意するようになってきました。この「一部指定」は水着だと、色は指定だけどそのほかは自由に選んでOKやデザインは指定など、です。

学校からプールが始まる前にお便りが来るので買う前に確認が必要です。

 

我が家の娘ちゃんが通っている小学校は色のみ指定で、デザインは自由です。なので本人の希望を聞きつつ上の子はセパレートタイプ、下の子はワンピースタイプを着ています。

学年が高くなるにつれ、セパレートタイプの着用率が高くなっているようでした。セパレートタイプ、ワンピースタイプについてそれぞれのメリット、デメリットを考えてみました。 

セパレートタイプ

      ◎トイレに行きやすい。

      ◎太もも部分の露出が少ない

      ✖低学年では脱ぎ着が難しい

      ✖上下に分かれているため忘れてくることがある

 

ワンピースタイプ

      ◎足を通した後引っ張るだけなので着やすい。

      ◎安い

      ✖太もも部分の露出が多い

      ✖トイレ行いきにくい

 

セパレートタイプは本当に脱ぎ着しにくいです。汗で湿った状態ではさらに着づらく、低学年の子たちは友達同士で引っ張ったりしてなんとか着ていました。

でもこのセパレートタイプは太もも部分の露出が少ないという大きなメリットがあります。

高学年になると体形などの理由で水着になることに抵抗を感じる子供もいますが、露出が少ないうえにウエスト回りもわりとすっきりみえるので人気があるのだと思います。

 

 

セパレートでもショートパンツタイプとロングタイプがあります。低学年であればショートタイプの方が着やすいと思います。

 

ワンピース型でもスカートタイプの物は 太ももの露出が少ないのでこちらだと体形を気にせず着れると思います。スカートの中がスパッツのものがおススメです。

 

水着は成長に合わせて買い替えをすると思うので、脱ぎ着が難しい低学年のうちはワンピースで中学年~高学年でセパレートへ変更するのもいいかもしれません。

 

水着のサイズ選び

水着のサイズは水中の圧力で体が縮むのでジャストサイズか小さめがおススメです。

水に入る前にはちょうどよくても水に入ると肩紐部分が落ちてきたり胸元部分がぶかぶかな子供たちをみかけます。かと言って小さめを選ぶと着替え時が大変になる。このジャストサイズを選ぶのが意外と大変なんです。

 

あなご家では着替え時のことも考え、胸周りジャストサイズを1番に選んでいます。肩部分をきつめに縫ってしまえば肩がずれ落ちることもありません。

 

f:id:anagonoouchi:20180801142156j:plain

 

また、セパレートタイプと買う際に絶対確認したいのが、上下をつなげるアジャスターがついているかどうか。上着のめくれ防止のためにありますが、ついていないものも多いですので注意してください。

 

f:id:anagonoouchi:20180801142758j:plain

 低学年、中学年だと水泳中におなかが出ていても本人が気にしていなくて直さないこともありますがこれがあると安心です。

水着の名札付け

 最後に名札付けです。

アイロンだけでつけている家庭、全面囲んで縫っている家庭、四隅だけ縫う家庭。。。

色々です。名前を書く白い布はスクール水着だとセットで売っていることも多いです。付属でついていない場合は伸縮性のあるタイプを買いましょう。

 

実はあなごママ、この名札付けで大失敗したことがあります。

 

アイロンで穴をあけました。。。

 

生地に伸縮性があるため中途半端につけるとすぐに剥がれるので、しっかりつけようとしたら水着が溶けました。。。

 

1周縫うのもめんどうなので軽くアイロンでつけた後四隅を縫うと剥がれません。

名札を取れないようにつけるポイントは布の四隅を丸く切ることです。これだけでも角から剥がれてくることを防ぐことができます。

 

まとめ

スクール水着選びだけでも親は色々悩みますよね。

お子さんにサイズ、デザインがぴったりなものを選ぶことで、動きを妨げず水泳の授業に集中できる環境を整えてあげることができます。

スクール水着を買う際の参考になるとうれしいです。