あなごのおうち

アラフォー兼業主婦の子育て、趣味、暮らしの記録

【我が家でおきた磁石の誤飲事故】磁石誤飲の危険性と診察の様子

スポンサーリンク

f:id:anagonoouchi:20180903231914j:plain

こんにちは。

あなごママです。

 

みなさんは子ども誤飲と聞くと小さな子どもを思い浮かべませんか?

私も子どもが小さいころは神経質なほど室内に何も落ちていないように気を付けていました。でも我が家で起きた誤飲はまさかの6歳になってから。もう何を口に入れていいか悪いかはわかっている年齢です。

今日は実際に我が家で起きた誤飲事故と、病院受診時の様子について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

 

我が家でおきた誤飲事故

日曜日の午前中、私はキッチンで家事をしていて子供たちはリビングで遊んでいました。すると突然下の子がパニックになってオセロのコマを飲んじゃったと泣きながら私のところへきました。

 

状況を詳しく聞くと、娘2人でオセロをして遊んでいた際にお姉ちゃんがふざけて下の子が仰向けに寝っ転がっている上からオセロのコマをバラバラ振りかけた、と。

そのときたまたま口の中に入ったものをそのまま飲み込んでしまったということでした。オセロのコマ自体は直径1cmほどの小さなものです。

 

本人がパニックになっているので落ち着かせ、呼吸の状態、のどの違和感などを聞きました。呼吸は問題ない様子、のども大丈夫そう。咳き込みもみられず気管には入っていなそう。

問題は飲み込んだオセロのコマに磁石が入っていることといくつ飲み込んだかわからないことでした。

 

磁石誤飲の危険性

誤飲の危険性は急性中毒をおこすたばこや医薬品の誤飲、電池の誤飲が良く知られています。磁石の危険性は意外と知らない方も多いのですが、複数個飲み込んだり、金属を一緒に飲み込んでいたりすると危険です。

 

f:id:anagonoouchi:20180903154538j:plain

磁石が複数個あると消化管壁を挟んでくっついてしまい、その部分が壊死して穴があいてしまうそうです。

 

診察の様子と医師から説明されたこと

日曜日ということもあり、休日当番の病院へ連絡しました。

そこで最初に電話口で言われたのは磁石は溶けたりしないので中毒性はなく、ウ〇チに出てくるまで様子をみるように、と看護師のかたに言われました。

複数個飲んでいる可能性も伝えたのですが、

「お母さんは磁石があることを確認したいのですか?あったとしてもうちでは外科手術はできないし、ウ〇チに出るまで待てませんか?」とのこと。

「様子をみます」と切りました。

様子をみるか他の医療機関にあたるか悩みました。看護師さんが言うようにほとんどの場合、自然排出されると思います。でも、壊死が始まり緊急で開腹手術になる可能性を考えるとそのまま様子をみることはできませんでした。

 

2件目は受診したことのある総合病院です。休日の当番医ではありませんでしたが、小児救急電話相談に連絡したところ、こちらの病院を案内してもらい電話しました。状況を説明するとすぐに連れてくるように言われ受診することに。

その際に飲み込んだ物と同じオセロのコマを持参しました。

 

レントゲンを何方向からか撮影したところ、胃のなかに磁石がしっかり写っていました。レントゲン写真に写った異物の直径や厚さを測り、持っていったオセロのコマと比較、誤飲したのは1つという結論になりました。

飲み込んだ実物があると正確に個数を確認できるそうです。

持って行ってよかった。。。。

1つであれば自然排出を待ち、数日しても出てこなければ再度レントゲンで磁石の位置を確認することとなりました。幸い次に日には出てきましたよ!!

 

受診時には医師から

・磁石を複数個飲み込んでいる可能性がある場合は必ず医療機関を受診した方が良い

・磁石がある場所を確認、気管のなかに入っていないかなども確認した方が良い

・誤飲したものと同じものがある場合には必ず持参すること

という説明を受けました。

 

まとめ

磁石を複数個飲み込んだ可能性がある場合は、その「可能性」であっても個数が確認できなければ医療機関を受診して必ず確認した方がよいとのことでした。(1つの場合受診しなくても大丈夫ということではありません。)

誤飲は飲み込んだものによって対応が異なります。大丈夫だろう、と簡単に判断しては危険ですので、必ず医療機関の指示にしたがって対応しましょう。

 

今回我が家でおきたように、仰向けになった状態で遊んでいて口の中に異物を落として誤飲するというケースは結構あるそうです。お子さんが小さいものを持って仰向けで遊んでいるときは注意してあげてください。